2008年07月06日

東京都民銀行楽天支店が攻めに入りましたよ

 


 
東京都民銀行楽天支店が異端児へ



 最近まで、銀行業界において「異端児」とはスルガ銀行の代名詞でした。


 ジャンボ宝くじつき定期貯金に始まり、インターネット支店の展開、そして、「クレジットカードの引き落とし一件ごとにマイル(Gポイント)付与」というきわどい戦略まで、この十年間、一貫してスルガ銀行は攻め続けてきました。

 しかし銀行というのはそもそも「お堅い業界」であり、少しでも勝手なことをやると、必ず足を引っ張られる仕組みです。

 他行振込み手数料が自由化された結果、りそな銀行セカンドステージが振り込み無料にしてみましたが、イーバンク銀行のゴールドラッシュプログラムとの間で、莫大なあぶく銭を生むという情報がネットで広まり、むにゃむにゃと自粛されました。

 泉州銀行、紀陽銀行、野村信託銀行、住信SBIネット銀行も、このゴールドラッシュプログラムを嫌って、イーバンク銀行宛の振込みを制限しました。


 ところが、さすがは楽天です。


 やってくれますね。


 楽天は、

 いえ、東京都民銀行楽天支店は、他行からの振込みでポイントを付与するという、


 あの禁断の


 ゴールドラッシュプログラムの真似事をやらかそうとしています。


 ただし、引き落としを条件として、回数の制限があります。


 http://rakuten.tominbank.co.jp/campaign/1179868_5200.html?mid=080701-12


 期間限定のキャンペーンではありますが、


 これは冒険ですね。


 使い道のない、振り込み無料回数を使ってくださいと言わんばかりのキャンペーンですね。

 


posted by uj at 20:48| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102287627

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。