2010年02月13日

サラリーマン川柳に潜むもの

「ダメ親父」は道化にとどまるか

 サラリーマン川柳と言うものがある。

 第一生命が募集し、テレビでも盛んに採り上げられる季節の話題だ。

 作品の中では一貫してサラリーマン(男性社会人)の悲哀が詠まれる。

 会社や家庭で虐げられ苦しむ惨めさが誇張され、表現される。

 私が記憶する限り、このサラリーマン川柳がテレビで批判されたことはない。

 ちろん生命保険会社の莫大な広告宣伝費がコメンテイターの口をふさぐと言う要素もあろうが、それにしても皆一様に「共感」や「同情」を口にして応援しているように感じる。

 何を応援しているのかと言えば

 例えばサラリーマンが哀れむべき存在であり続けること。

 自虐と共感の予定調和であれば何もいちいち文句を言う筋合いのものではなさそうだが、本当にそうなのだろうか?

 数十年前『ダメ親父』というアニメ番組があった。

 詳しい中身は覚えていないが異常な暴力妻に虐げられる親父の惨めな人生を描いた”笑えない”アニメだった。

 なぜ笑えないかと言えば、それは最近のドラマで言えば『小公女セーラ』の「いじめシーン」そのもののような、まるで救いのない、人間の醜さ、浅はかさを感じさせる光景が繰り返されていたからだ。

 いじめが残酷なのは、助けようとした者がまきこまれいじめられることによって、助けるものがいなくなり、人と人とのつながりの希薄さを認めざるを得なくなり、あらゆるおためごかしを剥ぎ取られた後に冷たく澄んだ復讐の感情が切っ先を顕すからであろう。

 自分なら、こんな妻は殺すな、…数十年前に私はそう思った。


男性マゾヒズムの未来



 最近ではまた「勝気な妻」がブームのようである。

 しかし流行はほぼ戦後と同時に始まったものだ。

 日本人はパンストなみに女性が強くなることを承認した。

 要するに表向きはかかあ天下の方が夫婦円満なんだ、という予定調和、犬も食わない内側の理屈、家共同体、夫婦の寝室のルールが堂々と世間に見せられるようになった。

 「タメ親父」は殴られて快感を感じている変態

 お小遣いの値上げを妻に懇願するサラリーマンは家畜化を望む変態


 ごく冷静に受け止めれば、そのように理解されるわけだが、日本全体でそんな変態性向、一種のマゾヒズムという倒錯を奨励する風潮というのは、一体なんなのだろう?

 誰がどんな得をするのだろう?

 
  つづきはまた。゜

 
 
 
posted by uj at 09:50| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁じ手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラリーマン川柳に潜むものA

<
span style="color:#650032;">誰が書いているか
 



 疑問文で終わらせ、何かを”斬った”つもりになる

 …そんな無責任な自己主張には誰からも、どんなご褒美も与えられることはなかろう。

 それに何もないところにわざわざ重大な問題を見出し続ける”嗅覚”なども眉唾だ。

 そもそもサラリーマン川柳とは、実感をそのまま詠むものではなく、諧謔と言うルールにコントロールされた「いかにもありがちな悲哀」を捏造するゲームなのだ。

 リストラをテーマにした川柳は、実際にリストラされたサラリーマンが投稿したものではなく

 標語やネーミング公募で毎月QUOカードを射止めている単なる公募マニアである可能性が高い。

 妻の暴力をテーマにした川柳は、女性の手によるものかもしれない。

 おそらくサラリーマン川柳の作品そのものと作者の関係は、見事に”創作”と呼びうるものだ。

 


見栄と遠慮と諧謔で隠そうとされたもの



 しかし入選作がメディアで共有される様子は、異常である。

 創作に過ぎないものに共感し、同情し、「世相を現す」などとおおげさに賞賛する。

 この遊びに参加している全ての人々に共通しているは、細心の注意を払い、見栄と遠慮と諧謔であることを隠そうとしているということだ。


 あることとは、現実だ。

 笑えない、つまらない現実。


 例えば…

 心臓移植手術が必要な少女がいて、募金活動が始まったとする。

 アメリカで移植手術が必要なため一億円必要なんです、とネットで募金が募られる。

 その時、けして明らかにされてはならないのは、

 両親が金持ちであること、持ち家で、年収が一千万円以上あること。

 募金を得るためには、それらの事実は徹底的に隠蔽されなくてはならない。


 貧乏自慢の川柳が大金持ちによって詠まれてはならない。

 しかしおそらくは豊かで恵まれた人々によって「哀れなサラリーマン」という都市伝説が流布されていく。


 なぜ浮浪者川柳、路上生活者短歌ではないのか 
 


 理由は簡単である。

 でも次に書こう



posted by uj at 22:06| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁じ手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

真犯人や陰謀の存在は考えにくいが

真犯人や陰謀の存在は考えにくいが


 真犯人や陰謀の存在は考えにくい。

 ユダヤの世界支配計画のような、新書版向きの話題ではない。

 何の話かと言えば「サラリーマン川柳を多くの人が受け入れている現状の不思議さ」の話だ。

 @広告のスポンサーである第一生命が主催しているから、テレビ関係  者は文句をいえない。

 A実際に川柳を書いているのは投稿マニアであり「自虐的なサラリー  マン像」というありがちなステレオタイプをなぞっているに過ぎな  い。

 ここまでは誰にでも解っている理屈だろう。

 では、例えば勝谷さんみたいな人が噛み付かないのはなぜなぜなのだろう?

 それに風刺の毒が自虐に向かうようになったのは何故だろう?

 繰り返すが真犯人や陰謀の存在は考えにくい。

 どうも自然にそうなっていて、

 テレビ関係者に限らず誰も文句を言えない様になっている気がする。

 そして多くの悪気のなさそうな人々は

 本当に心底面白がっている。


 多くのサラリーマン川柳が笑いを意図した技巧を凝らしていることを認めるが

 不思議さが先にたって笑えない。

 リストラされそうなサラリーマンの悲哀が面白い理由が解らない。

 家族に尽くすも家庭に居場所のないお父さんの悲哀が面白い理由がわからない。

 勿論世の中には人を燃やして喜ぶような頭のおかしい人も存在しなくはないと思う。

 しかし少数派であろう。

 ただハゲや包茎、リストラや亭主虐待は笑う。

 ワキガや先天性奇形は笑わないが、ハゲや包茎は笑ってもいいと思われている。

 ダイヤモンドや石油のように、カツラ業界によって、ハゲのイメージ統制が行われているのではないかと疑う余地はないではないが、

 それにしてもリストラや亭主虐待を笑おうとする組織があるとして、その存在意義がわからない。

 
お茶と酒
 

 

 伊藤園の「おーいお茶」では、伝統俳句を否定し、新しい俳句を広めようとしている。

 本来伝統俳句は「季節感」を表現するものだった。

 季節感がなくなったところにどのような俳句が成立しうるか、その実験中というところか。


 ところで酒は頭に悪いと言う科学的結論が出そうである。

 しかし出たところで、徹底的につぶされるだろう。

 煙草の害は今でこそ周知のものとなったが、次はアルコールだと言われて久しい。

 酒の害が隠されているのは、その圧倒的な宣伝効果故であろう。

 毎年のように「不払い→ 業務改善命令」が出る損害保険や生命保険が、税法上優遇され、大繁盛していると同じ理屈であろう。

 ただそういうものならば、誰かが噛み付くものなのだ。

 誰も噛み付かないのは


 もしかすると

 この世に

 サラリーマンなどいないからではないか?


 


 

posted by uj at 23:32| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁じ手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

大発見!

大発見!



 北島さぶちゃんの 娘婿の北山なんとかさんと



http://www.kitajima-music.co.jp/takeshi/


 桃太郎侍の娘

 
 http://wwwz.fujitv.co.jp/ana/takahashi/index.html


 似て蝶




「節約110番」で記事をチェック!「ゆるライフ」で記事をチェック!



タグ:大発見!
posted by uj at 22:16| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁じ手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動改札を強引に突破する若者たち






画像-0003やな.jpg

自動改札を強引に突破する若者たち


 この間の日曜日

 JR新宿駅で

 自動改札を強引に突破する若者たち

 を見ました

 この三人です。
 

 笑いながら

 つながって

 強引に突破していました。

 もちろん後ろの人はつっかえてしまい茫然

 駅員も見て見ぬふり

 三人は

 そのまま歌舞伎町を歩いて行って


 画像-0004たな.jpg


 ここへ

 入って行きました。


 キセル

 だよね


 こういうことは後ろの人が迷惑だからやめようね

 ぼくが

 こんど

 うしろにいたら

 こまつちゃうよ
posted by uj at 22:17| シドニー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁じ手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

51歳の男性を靴と靴下だけの全裸にして

51歳の男性を靴と靴下だけの全裸にして




二万円の入った財布と脱がせた服を奪って逃げた

強盗事件が

赤羽の住宅街であつたそうだ

赤羽で全裸

こりゃ きつい

犯人は少年らしいが

死刑にすべきだね

ぼくなら

ぽかぽか

ぶつちゃうかもね



posted by uj at 22:25| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

東京マラソン津波で大参事

eyes0065.jpg東京マラソン津波で大参事

ゴールの有明で選手 大会関係者ら4000人が行方不明に!



 なんてならなきゃいいけどね


eyes0090.jpg
posted by uj at 09:41| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金はこんなところに落ちている

お金と言えば六本木ヒルズなんかにありそうですよね。

僕が住んでいる

お金持ちがいっぱい住んでいて

お金が落ちていそう。

画像-0004あ.jpg
ま、ヒルズですからね

ところがというか

やつぱりというか

本当に落ちているんですねexclamation


画像-0011た.jpg

テレ朝の方から

よく天気予報の中継をやつている毛利庭園に回って

池をみると

画像-0008ら.jpg

あれ

なにかある


画像-0016.jpg

むむむ

さすがはヒルズ

何の御利益を願ってか

株券とかも落ちていました。←小さな嘘





画像-0006な.jpg

ちゃんと

こんな看板がありましたよ

お天気おねえさんが

池に入らないように

画像-0019.jpg


これはテレ朝のそばにある透明なベンチ


「ゆる貯めネット」で記事をチェック!
posted by uj at 21:12| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | おそと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デルはやめとけ こわれる

DELLは壊れる


 一年未満でこわれました。

 DELL  Inspiron 9  SSD16G

 欠点はキーボードの配置がいびつなこと

 ほ

 の場所が変

 このSSDタイプ やはり 起動が早いんですよね

 で 壊れにくいと言われていましたが

 見事壊れました


 で修理して 半年後また壊れました。


 んー

 よく壊れるな

 どんな確率かな


 で、今

 ピンチヒッターで


 acerのハードディスクタイプのネツトブックで

 これ書いてますけど


 もうデリートキー

 押すのが

 いやですからね

 「Del」

 って表示なもんで

 
タグ:デル
posted by uj at 22:51| シドニー | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

津波警報ってなんだつたんだろう

津波警報はなんのため?


 今日は一日中、テレビ画面にこんな日本地図が出てませんでしたか?

03_03_00_20100228190159.png


























 要するに津波警報です。

 津波に関する被害を予防するため、国民にお知らせしているんですが…。

 これ、何か役に立ってますかね?

 ケネディ暗殺

 アポロ月着陸

 あさま山荘事件

 三菱銀行人質立てこもり事件

 昭和天皇の崩御

 テレビはそのスタート時からこうした事件を総力報道してきましたね。

 一日中 放送するわけです。

 中には、もっとどうでもいい 緊急性のない出来事も緊急中継か何かで「報道特番」になります。

 選挙なんかもそうですね。

 これ、

 おそらく現在では社内の権力抗争・派閥争いみたいなものだと思うんです。

 つまり「こういう時に頑張る人」がいて、

 その人の自己実現の欲求を満たすために報道特番なり日本地図なりが電波を占拠してしまうわけですな。

 だって

 日本地図って

 正気ですか?

 今、日本地図をみながら非難する人っています?

 意味ないでしょ。

 日本地図じゃ。
タグ:津波警報
posted by uj at 22:21| シドニー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。